2018.06.20-14:41.8

ドライヤーおすすめランキング【風量重視編】

ドライヤーおすすめランキング風量重視

「大風量ドライヤー」なんて書いてあっても実際に大風量かどうかなんて分かりませんよね?

というわけで今回は、「風量の強いドライヤーを探してる!」「大風量ドライヤーを分かりやすく教えて欲しい!」という人にのために、2017年現在発売されている全機種から、風量の強いドライヤーをランキング形式で紹介したいと思います。

風量重視でドライヤーを探している人は是非参考にしてみて下さい!
 

大風量ドライヤーおすすめランキング



第1位

Dyson ダイソンドライヤー スーパーソニック




大風量ドライヤーおすすめランキング第1位は、羽の無い家電製品を次々に生み出している「ダイソン」から発売された羽なしドライヤー「ダイソンドライヤー スーパーソニック」です。

従来の大風量ドライヤーの常識を覆す「2.4m3/分」という超大風量を放つことができるドライヤーで、もっとも風量強いと言われ続けてきていた「モンスタードライヤー」の風量「2.0m3/分」を完全に抜いてしまいました。

数字だけを見たら「そんなに違うの?」と思われがちですが、ドライヤーの中でももっとも有名と言われる「ナノケアドライヤー」ですら「1.3m3/分」しかありません。

「1.3m3/分」という風量は決して弱い風量では無く、ミドル程度の髪の長さであれば十分満足のいく風量だと言えます。

それらを加味するとどれだけ「ダイソンドライヤー」の風量が強いかが分かって頂けると思います。

その分「乾かす時に暑そう」と思われた方もいらっしゃると思いますが、その点も考慮されており「速乾モード」で「78℃」、「標準モード」で「62℃」という低温で髪を乾かすように造られています。

通常の場合、低温で髪を速乾させることは非常に難しいのですが、これだけの風量があれば"速乾性"も全く問題ない仕上がりとなっています。

その他にも、様々な特徴を持つドライヤーとなっているので、機能を詳しくご覧になりたい方は特集記事をご覧下さい↓
「歴代No1風量!「Dyson ダイソンドライヤー」の全機能を完全解説!」




第2位

テスコム プロテクトイオンドライヤー TID2500




ランキング第2位は、リーズナブルな価格のドライヤーを数多く販売している国産家電ブランド「テスコム」から発売されている「プロテクトイオンドライヤー TID2500」です。

あの爆風で有名な「モンスタードライヤー」を抜いて、国産ドライヤーの中ではもっとも風量の強いドライヤーになったのがこちらの機種になります。

最大風量「2.2m3/分」という超大風量ドライヤーということで「ロングヘアーの人向け」というイメージがあるかと思いますが、「無段階風量調節機能」を搭載しているので、自分好みの風量で髪を自由自在に乾かすことができます。

しかも、静電気をカットしてくれる「プロテクトイオン」と、髪にうるおいをプラスしてくれる「マイナスイオン」の切り替えを行うことができるので、髪の状態に合わせてイオンを選ぶことができます。

また、付属のドライヤースタンドを利用すれば、腕が疲れる心配もありませんし、子供の髪を乾かす時も楽に行うことができます。

ただ、温風温度が公開されていないため、風量によって温風温度が変わってくる可能性があります。一定の温度を求める方は注意してください。

「風量+そこそこの機能性+リーズナブル」を求めるなら個人的にはおすすめできるドライヤーだと思います。




第3位

KOIZUMI モンスタードライヤー KCD-W702




ランキング第2位は、小泉成器から発売されている爆風ドライヤー「モンスタードライヤーKCD-W702」です。

以前までは国産ドライヤーでもっとも風量の強い「2.0m3/分」の風量を誇るドライヤーとして君臨していましたが、現在は第2位に「テスコム」に負けています。

それでは、「2.0m3/分」という風量は、ドライヤーの中でもトップクラスに強い風量を持っており、ロングヘアーの人の髪をなびかせながら髪を乾かすことができます。

また、当サイトで紹介している「髪が早く乾くドライヤーおすすめランキング」でも紹介してるほど速乾性に優れるドライヤーになるので、速乾性を求める方におすすめの機種です。

小泉成器の実験では、風量「1.7m3/分」のドライヤーで髪を乾かした時の時間と比べて「約40%もの時間をカットすることができる」という結果が出ているので、安心して購入することができます。

前モデルの「KCD-W701」も風量は同じなのですが、最新モデルでは"海外対応モデル"となっています。110Vの地域に限られますが、アメリカなどの旅行時にも重宝してくれるアイテムとなりそうです。

マイナスイオンも搭載しているので、髪表面の水分量コントロールも行ってくれるので、まとまりのある髪へと仕上げてくれます。

価格と大風量のバランスで選ぶなら「モンスタードライヤー KCD-W702」はとてもおすすめです!




第4位

SALONIA マイナスイオンドライヤー




第4位は、楽天で高い人気を誇るマイナスイオンドライヤー「SALONIA / サロニア」です。

3000円台で購入できるリーズナブルな価格でありながら「1.99m3/分」という大風量を実現したドライヤーとして、楽天ランキングでは上位に食い込むほど人気の高いドライヤーです。

しかもこの価格で温風温度の調節機能も搭載しているという、機能だけをみるなら非常にコストパフォーマンスの高い仕上がりとなっています。

ただ、気をつけて欲しいのが「口コミ」評判があまり良くないという点です。

「記載されているほどの大風量ではない」「数ヶ月で壊れた」などの口コミが多く見られるので、正直あまりおすすめはできないドライヤーです。。

価格が安い分、やはり耐久性はあまり期待できないといった印象です。




第5位

Panasonic マイナスイオンドライヤー イオニティ EH-NE67




第4位は、パナソニックの人気シリーズ「イオニティ」の最上位機種にあたる人気のマイナスドライヤー「イオニティ EH-NE67」です。

イオニティの最大風量は「1.9m3/分」(ターボ時)と、ドライヤーの中でもトップクラスの強さを誇ります。しかも、最上位機種ということで今までのイオニティには無いこだわりの機能を搭載しています。

一つ目は「温冷ツインフロー」。この機能は温風と冷風を同時に送り出すことで、髪のクセを整え、思い通りのスタイリングをすることができる機能です。

そしてもう一つが「イオンチャージ機能」。ナノケアにも搭載されている機能で、ハンドル部分を握ることで、髪のマイナスとプラスの電気をコントロールし、マイナスイオンが髪に付きやすくしてくれる機能です。

風量だけではない、髪に良い効果を求めるなら信頼のパナソニックのドライヤーは非常におすすめできますね。




第6位

TESCOM プロテクトイオンヘアードライヤー TID2100




上で紹介したパナソニック「イオニティ」と同等「1.9m3/分」の風量を持つドライヤー「TESCOM プロテクトイオンヘアードライヤー TID2100」です。

テスコムから発売されているドライヤーの中でも上位機種に位置するこちらのドライヤーは、通常のドライヤーとは少し違った「プロテクトイオン」と呼ばれる機能を搭載しています。

この「プロテクトイオン」というのは、「プラスイオン」と「マイナスイオン」の両方を発生させることで静電気を抑制することができるイオンのことで、髪の静電気が特に気になる人におすすめしたい機能となっています。

しかも、「プロテクトイオン」には保湿効果といった髪に良い効果も期待できるため、髪をサラサラに仕上げたい人にもおすすめとなっています。

大風量だけではない、機能性も追及したい方におすすめのドライヤーとなっています。




第7位

日立 ヘアクリエ プラス+ HD-NS900




第7位は、風量を無段階で調整することができるドライヤー「日立 ヘアクリエ プラス+ HD-NS900」です。

日本で初めて"無段階風量調整を可能にした機種"で、日立から発売されているドライヤーの中では最上位機種に位置します。

そんな「ヘアクリエ」の最大風量は「1.9m3/分」。

5位と6位で紹介したドライヤーと同程度の風量となりますが、「1.0〜1.9m3/分」までの間で風量を自由に調整することができるので、好みの風量で髪を乾すことや、スタイリング時に使う風量の調整も、好みですることができます。

また、温風温度を「HIGH(105℃)」「MID(90℃)」「LOW(75℃)」「SCAL(60℃)」の4段階から調整することができるので、好みの温風帯も追求することができます。

その他にも、「ぺルチェ方式(ナノケアなどと同じ方式)」と呼ばれるマイナスイオン効果で、髪へうるおいもプラスしてくれます。

かなり自由度の高いドライヤーとなっているので、「今まで使ってきた製品に満足できていない」という人には特におすすめのドライヤーとなっています。



最高の美髪を手に入れる  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別ドライヤーおすすめランキング
最高の美髪を手に入れる