2015.05.07-23:40.44

リフトアップもできる未来型ドライヤー「ヘアビューザー2」のご紹介

くせ毛を抑える人気のドライヤー

以前に、「奇跡の風を作り出すドライヤー!ヘアビューザー」で紹介した「ヘアビューザー」の新しい機種「ヘアビューザー2 エクセレミアム」が発売になりました。

リフトアップができるドライヤーということで、多くの有名雑誌などでも取り上げられていますが、その機能と実力をを詳しく解説していきたいと思います。

※ 現在では、プロ・家庭兼用のヘビューザー最新機種が発売されており、さらに高い効果を求める方におすすめの機種となっています↓

【 ヘアビューザー2のプロ用 】
「女優のような髪へ導く"奇跡の風"ヘアビューザー2D PLUSの紹介」


【 現在の最新機種はこちら↓ 】

【最高の美髪を手に入れる "奇跡"のドライヤー「レプロナイザー 3D PLUS」 | ヘアビューザー最新機種】
 

未来型ドライヤー リュミエリーナ ヘアビューザー2


重量約617g
風量未公開
温風温度120〜140℃
消費電力1200w
コードの長さ2m
本体サイズ幅234.5×奥行60×高さ229mm




それでは「ヘアビューザー2」のおすすめポイントと気になるポイントをご紹介したいと思います。

ヘアビューザー2のおすすめポイント


前モデルから進化した「バイオプログラミング TM」

ヘアビューザーのオリジナル技術

以前も紹介したのですが、このヘアビューザーの最大の特徴はこの「バイオプログラミング TM」と呼ばれる技術です。

販売元である、リュミエリーナ独自の技術で、バイオプログラミングが施されたセラミックは「細胞を活性化」という、今までにない新しい効果が期待できます。

このバイオプログラミング技術をドライヤーへ搭載させることで、細胞を活性化させる風へと進化させることができます。それによって、髪と肌に潤いを補充してくれる全く新しい効果を得られるようになります。

そして、この「バイオプログラミングTM」を、以前のモデルからさらに進化させているのが「ヘアービューザー2」。前モデルよりも短い期間で、髪と肌に変化が感じられるように改良されています。

冷風で乾かすことで髪の潤いとリフトアップ効果を発揮

肌にも高い効果

ヘアビューザー2の特徴の一つに「冷風ケア」があります。

髪を温風で乾かした後、または、7〜8割乾いた髪の仕上げに冷風を使用することで、髪の艶をアップさせ、うねりやパサつきを改善してくれる効果があります。

さらに、この冷風は肌に当てることで細胞を活性化させ効果があるため、年齢と共に気になってくる、肌のたるみの改善や、リフトアップ効果も期待できます。

ただ、冷風を長めに当てることが必要で、少し手間がかかってしまうのが欠点です。1ヶ月程度を目安に変化を感じられるようになります。

カラーリングした髪のキューティクルを整える



カラーリングを行ってから時間が経過すると、髪の傷みが進行していくためキューティルが剥がれ、広がりやパサつきが気になってきます。

そんな傷んだ状態の髪に、ヘアビューザー2を約1ヶ月使用するだけで上の写真のような、艶のある髪に改善させる効果があるようです。

ただし、冷風のみのブローの場合なので現実的には正直難しいかもしれませんが、これを見る限り、冷風によるブローを長くすることで、髪のキューティクルを整える効果があることが分かります。

ヘアビューザー2の気になるポイント


それでは次に、ヘアビューザー2の気になるポイントをご紹介したいと思います。

以前のヘアビューザーから何が進化したの?

ヘアビューザー2になって進化したポイントはただ1つ。

バイオプログラミング技術の進化によって、髪のパサつき、うねりの改善、ツヤ感のアップなど、ヘアビューザーを使うことで得られる効果を実感しやすくなったことです。

以前のヘアビューザーが2ヶ月で効果が実感できるのに対して、ヘアビューザー2なら約1月で効果を実感できるようになった、といった感じです。

使い方次第といった感じですが、美容師などのプロの人達だけではなく、一般ユーザーの方が使用しても効果を実感しやすくなったのではないでしょうか。

ヘアビューザー2を購入する時に気をつけるポイントは?

髪にとって良いこと尽くめのヘアビューザー2ですが、購入する前に気をつけて欲しいポイントが2つあります。

● 1.本体サイズが大きい
ヘアビューザー2は、サロンで使用されることを前提に造られているドライヤーなので、本体サイズが家庭用のドライヤーよりも大きくなってしまします。

しかも、折りたたみ機能が付いていないので、本体をそのまま収納しなければいけません。洗面所が狭い人は、ヘアビューザー2が、収納場所に収まるかどうか確認してから購入するようにしましょう。

● 2.冷風機能を使用することが重要
先ほどから何度も説明していますが、ヘアビューザー2の効果を最大限に発揮するためには、冷風ブローがとても重要になってきます。

温風を使用して7〜8割程度乾かしたところから、冷風によるブローで仕上げることで、髪のうねりを抑え、艶のある髪を手に入れることができます。

ただ、冷風によるブローで髪を乾かすことは、非常に時間がかかります。この冷風ブローを、毎日のヘアケア習慣として、取り入れる自信のある人にはおすすめできますが、自信の無い人には正直あまりおすすめできません。

まとめ


ヘアビューザー2はいかがでしたか?

多くの美容室でも採用されているヘアビューザー2は、ダメージヘアをケアしてくれるドライヤーとしては、トップクラスの効果が期待できるのではないでしょうか。

ただし、非常に本体価格が高いので、予算に余裕がある人以外は厳しいかもしれません。

  • 「今まで様々なヘアケアを行ってきたけど、髪の傷みが治らない」
  • 「年齢と共に気になってきた、うねりを抑えたり、髪の艶を取り戻したい」

という深刻な悩みを持つ人には、是非一度使ってもらいたいドライヤーです。

ヘアビューアー2を使えば、今まででは考えられないサラサラな髪を手に入れられるかもしれません。

【 ヘアビューザー最新機種 】
「女優のような髪へ導く"奇跡の風"ヘアビューザー2D PLUSの紹介」



最高の美髪を手に入れる  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別ドライヤーおすすめランキング
最高の美髪を手に入れる