2017.02.10-12:07.211

最高の美髪を手に入れる "奇跡"のドライヤー「レプロナイザー 3D PLUS」 | ヘアビューザー最新機種

レプロナイザー 3D PLUS

「使えば使うほど髪が綺麗になるドライヤー」として人気の「ヘアビューザーシリーズ」から、世界に向けて発信するための最新機種「レプロナイザー 3D PLUS」が発売されました。

当サイトでは、今まで発売されてきたすべての機種を解説してきましたが、今回の最新機種「レプロナイザー 3D PLUS」の機能性についても詳しく解説したいと思います。

前モデルである「ヘアビューザー2D PLUS」の違いについても比較しているので是非参考にしてみてください。
  【 ヘアビューザーシリーズ過去記事 】

● 2014モデル【奇跡の風を作り出すドライヤー!ヘアビューザーの紹介】
● 2015モデル【リフトアップもできる未来型ドライヤー「ヘアビューザー2」のご紹介】
● 2015モデル【美容師必見!話題のリュミエリーナ限定機種「ヘアビューザー リミテッド プロフェッショナル」】
● 2016モデル【女優のような髪へ導く"奇跡の風"ヘアビューザー2D PLUSの紹介】


レプロナイザー 3D PLUS


レプロナイザー 3D PLUS
重量約722g
風量未公開
温風温度110℃(周囲が30℃の場合)
消費電力1200w
コードの長さ2.6m
本体サイズ幅233.5×奥行103.8×高さ228.9mm


「ヘアビューザーシリーズ」をご存じの方にはもうお馴染みかと思いますが、まず最初にリュミエリーナ独自技術で、「レプロナイザー 3D PLUS」の最大の特徴である「バイオプログラミング技術」について解説したいと思います。

バイオプログラミング技術とは?


バイオプログラミングとは

まずは公式サイトに記載されている引用から。

※小難しい解説になるので、技術的な話が苦手な人は飛ばしてください。


"特定の振動と波長の組み合わせで物質が「エネルギーと情報の"場"」をもつようにプログラミングする、最先端技術"

引用:リュミエリーナ公式「レプロナイザー 3D PLUS」

って言われても全然わからないですよね。

相変わらずとっても分かりにくい解説なので、もっとかみ砕いて説明したいと思います。

「レプロナイザー 3D PLUS」の効果

"バイオプログラミング技術というのは、ざっくり説明すると「遠赤外線」のこと。遠赤外線には"波長"と呼ばれる振動があり、この振動の大きなくくりのことを「遠赤外線」といいます。ここからは、開発者ではないためやや推測が入りますが、遠赤外線と呼ばれる振動に含まれる"ごく一部の波長"には細胞を活性化する効果があると言われており、この"波長"を実現化した技術が「バイオプログラミング」になります"

「髪のタンパク質の水和構造を堅固にする」と記載されているように、タンパク質と水分子が、振動によって"結合"または"混ざり合う"ようなイメージをしてもらえれば分かりやすいかと思います。

料理でいう"乳化"みたいなもので、細かく振動を加えることが水の分子が細かくなり、結合しやすくなるんではないでしょうか。

以上が、「バイオプログラミング技術」についての解説になりますが、分かりやすかったですかね?

次に「バイオプログラミング技術」で得られる効果について簡単に説明します。

髪を乾かすだけでまとまりのある髪へ導く保湿力

「レプロナイザー 3D PLUS」は、乾かすだけで髪を構成しているタンパク質と水分子が結合するので、髪を内部から保湿することができます。

この効果は「冷風」でブローする時に最大限に効果が発揮されるので、髪を乾かし後にブラッシングしながら、または手グシで冷風ブローを行うだけで驚くほどまとまりのある髪になります。

しかも、使い続けるほどに髪が綺麗になっていくので、毎日の冷風ケアで髪質を日々改善していくことができます。

冷風ケアでリフトアップ効果も期待できる

以前、某芸能人が「リフトアップドライヤー」として紹介された効果なのですが、ヘアビューザーシリーズは「顔に冷風を当てる」だけで、目元から頬にかけてリフトアップ効果を得ることができます。

これも「バイオプログラミング技術」による効果と言われていて、肌のタンパク質細胞を活性化させることで、肌のハリが戻り、頬や目元のリフトアップに繋がるといった効果のようです。

即効性も期待できるので、肌のハリが失われてきた人には非常に嬉しい効果ではないでしょうか。

遠赤外線効果で頭皮の血流改善

「レプロナイザー 3D PLUS」には遠赤外線効果による"血流改善"効果も期待できます。

そのため、髪を育てるための土壌も活性化され、毛根にしっかりと栄養が届くようになり、健康的な髪を手に入れることができます。

また、頭皮の水分バランスも少しずつ整ってくるため、頭皮乾燥に悩んでいる人にもおすすめできる効果が得られます。


「バイオプログラミング技術」の効果についてはこのぐらいにして、次は「レプロナイザー 3D PLUS」の魅力や前モデルから進化したポイントなどを解説していきたいと思います。

前機種の「ヘアビューザー2D PLUS」から進化したポイントは?


レプロナイザーの比較

「ヘアビューザー2D PLUS」の発売から約1年。

ヨーロッパを中心とした世界基準として進化させて「レプロナイザー 3D PLUS」として発売されましたが、どの程度機能性が変わっているのか見てみましょう。

バイオプログラミング技術が進化して搭載


「バイオプログラミング技術」については、最新機種がでるたびに進化していますが、今回も過去最高の効果を得られるよう最新技術を搭載しています。

ただ、前回の「ヘアビューザー2」→「ヘアビューザー2 2D PLUS」ほど"劇的な進化"とまではいかないのか「どのくらい効果を得られるようになったのか」ということについては言及されていません。

それでも、前モデルよりも進化していることには変わりないので、使い続けることで違いが見えてくるかもしれません。

風量が劇的に改善


「ヘアビューザーシリーズ」は"髪にいいドライヤー"として人気が高かった半面、美容師さんなどのプロの人からは「風量が弱く速乾性が低い」という欠点が指摘されていました。

そんな「ヘアビューザーシリーズ」の唯一の欠点ともいえる風量を新モデル「レプロナイザー 3D PLUS」では劇的に改善されています。

数値上では公開されていませんが、美容師さんからの評判も上々で「温風→冷風」のプロセスが短くて済むようになっています。

デザインがさらに未来的に進化


高級感のあるデザイン

「ヘアビューザーシリーズ」は、機能性もさることながら、デザイン性の高さも魅力の一つ。

前モデルの「ヘアビューザー2 2D PLUS」は、"シルバーベース"に黒や赤で高級感を出していましたが、最新機種の「レプロナイザー 3D PLUS」では、「ヘアビューザー2」に近いホワイトベースのカラーに変更されています。

清潔な印象を与えつつも高級感のあるデザインは、未来的な印象のドライヤーに仕上がっています。


「レプロナイザー 3D PLUS」に欠点はある?


ここまでは「レプロナイザー 3D PLUS」のおすすめポイントを紹介してきましたが「欠点はないの?」と思う方もいるのではないでしょうか。

ということで、「レプロナイザー 3D PLUS」の機能を見ていて気になったポイントも紹介していきます。

業務用ドライヤーということで重量が「約722g」と重め


家庭用ドライヤーの重量は「500g〜600g」が一般的とされているのに対し、今回紹介する「レプロナイザー 3D PLUS」の重量「約722g」は若干重めに造られているので、ずっしりとした印象になると思います。

また、歴代のヘアビューザーシリーズと比較しても最新機種がもっとも重い仕様になっており、重量に関しては妥協した印象です。

ただその分、最新機種では「風量の強化」や「最新バイオプログラミング」といった機能を新たに搭載しているので、若干の重量増はやむを得ないのかもしれません。

「レプロナイザー 3D PLUS」はおすすめ?


レプロナイザー 3D PLUSのまとめ

「レプロナイザー 3D PLUS」 の機能性や、前モデルとの違いについて詳しく解説してみましたがいかがでしたか?

今回大きく変わった点といえば「風量」だけになりますが、「バイオプログラミング技術」の進化や、デザイン性の違いなど、「ヘアビューザー2D PLUS」との差別化もしっかりしているので、選びやすいかもしれませんね。

ただ「レプロナイザー 3D PLUS」は最新機種ということで、価格も過去最高となっているだけに「ヘアビューザー2D PLUS」とどちらを選ぶのか迷うところだと思います。

"速乾性"や"風量"を重視するなら圧倒的に「レプロナイザー」ですが、"髪にいいドライヤー"というだけならどちらを選んでも失敗なしないと思います。

ドライヤーとして考えると高級に感じますが、頭皮ケア、スキンケア、ヘアケアのトータルケアを行うことができる美容機器だと考えると以外と高い買い物では無いのかもしれません。

「レプロナイザー 3D PLUS」は高級ドライヤーということで模造品が多く出回ることが想定されているので、リュミエリーナ正規販売サイトで購入することでリスク無く手に入れることができます↓

※「レプロナイザー3D PLUS」は模造品が出回っているため、正規販売店での購入がおすすめです↓



最高の美髪を手に入れる  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別ドライヤーおすすめランキング
最高の美髪を手に入れる