2017.07.25-14:27.197

夏の紫外線ダメージをケアするドライヤーおすすめ特集【2017】

紫外線対策ドライヤー

夏と言えば髪や頭皮の天敵である「紫外線」が多くなる季節。知らぬ間に髪のキューティクルがダメージを受け、髪の質感や手触りが悪くなってきます。

その上、紫外線によって毛根にダメージを負ってしまうため、抜け毛の原因になったりすることも・・・。

今回は、そんな「紫外線のダメージを軽減してくれるおすすめのドライヤーを5製品」を紹介したいと思います。

最近のドライヤーはスキンケアから毛髪のケアまで、様々な機能を搭載しているので、ドライヤー選びの参考にしてみた下さい!
 

夏の紫外線ダメージをケアするドライヤーおすすめ【5製品】



パナソニック ナノケア EH-NA99




まず最初に紹介するのは、髪から肌までケアすることができる人気の多機能ドライヤー「ナノケアドライヤー EH-NA99」です。

「2017年9月に最新機種として発売される「EH-NA99」」として紹介したモデルで、2018年モデルが発売されるまではこちらが最新機種になります。

以前のモデルから大きな技術革新はありませんが、新しく「毛先集中ケアモード」と呼ばれる、毛先に特化したモードを搭載。

カラー、パーマ、紫外線といった外部ダメージが蓄積しやすい毛先を、自動で入れ替わる"温風"と"冷風"で集中的にケアすることができるので、毛先の広がりを防ぐことができます。

また、ナノケアの魅力とされる「スキンケアモード」や「スカルプケアモード」など多彩な機能は健在。

使っていて楽しくなるようなドライヤーと言えるのではないでしょうか。

紫外線によってダメージを受けてしまった髪のパサつきを改善したい人に、俄然おすすめしたいドライヤー製品となっています。



リュミエリーナ レプロナイザー 3D PLUS




次に紹介するのは、「髪のダメージを補修することができる唯一のドライヤー」として人気となった「ヘアビューザーシリーズ」最新モデルとなる「レプロナイザー 3D PLUS」です。

ヘアビューザーシリーズは「バイオプログラミング技術」と呼ばれる特殊な技術を施したセラミックを搭載しているため、ドライヤーで髪を乾かすだけでキューティクルを整える効果を得ることができます。

そのため、夏の紫外線でダメージで負ってしまった髪のキューティクルを綺麗な状態に戻すことで、強い紫外線からしっかり髪内部をガード。夏のダメージに強い髪に仕上げることができます。

また、すでにダメージを受けてしまっている髪に効果を発揮してくれるため、カラーやパーマといったキューティクルへダメージを与えるおしゃれをする人にもおすすめです。

その他にも、遠赤外線による"頭皮の血行促進効果"など、健康的な髪を育てる頭皮を良い状態に保ってくれるドライヤーなので、秋に多くなる抜け毛対策にもおすすめのドライヤーとなっています。

ただし、効果を実感しやすい分、価格も最高クラスなため予算に余裕のある方におすすめのアイテムとなっています。

※「レプロナイザー 3D PLUS」は、模造品が出回っているため、リュミエリーナ正規販売店でのご購入がおすすめです↓



スカルプドライヤー ロゼ




こちらは、マッサージ機器で有名な「ヤーマン」から発売されてるた「スカルプドライヤー」にマイナスイオン機能をプラスした最新機種「スカルプドライヤー ロゼ」になります。

「スカルプドライヤー」は、頭皮のマッサージをしながら髪を乾かすことができる新しい発想のドライヤーで、頭皮環境を整える効果があります。

また、髪を乾かす時は、通常モード「60℃」の温風で髪を乾かすので、髪ヘのダメージはほとんど無く、頭皮をマッサージしながら乾かすことができる「スカルプHモード」では、至近距離でも安心な「42℃」の温風と振動で頭皮を乾かすことができるので、頭皮へ直接的なアプローチが可能となっています。

しかも、遠赤外線効果も期待できるため、頭皮の血流改善にも効果的なので、薄毛や抜け毛対策にもおすすめです。

「夏の紫外線で弱ってしまった頭皮を元気にしたい!」と考えている人には是非使ってみて欲しいドライヤーですね。

価格はそこそこしますが、頭皮マッサージ器とドライヤーを一緒に購入したと思えば「割安?」なのかもしれません。

ただし、速乾性には優れないので、気長に髪を乾かせる方のみご購入ください。




低温トリートメントドライヤー




低温トリートメントドライヤーは、「60℃」の低温で髪のダメージを最小限に抑えながら"速乾"することができる唯一のドライヤーです。

一般的なドライヤーの温風温度は「100〜140℃」と非常に高温なため、髪のキューティクルを傷つけ、紫外線などの外部からの刺激を受けやすくなります。

その点「低温トリートメントドライヤー」は、濡れた髪にさえダメージを与えることのない「60℃」という低温で髪を乾かすので、キューティクルを保護しつつ、髪の水分を維持することができます。

しかも、低温機能付きのドライヤーとは違い、広範囲に安定した温度の温風を送りだすことができるので、低温でありながら素早く髪を乾かすことができます。

実際に使ってみると分かりますが、ドライヤーを使用しているとよくある「焦げた臭い」を一切感じることが無くなります。

しかも、頭皮の乾燥も同時に防ぐことができるので、頭皮環境にも良い効果が期待できます。

毎日使うものだから、髪にダメージの少ないドライヤーを選択することで、髪がどんどん綺麗になっていくのを実感できます。

30日間の返金保証も付いているので、安心して購入することができます。




エスセブン ネオドライヤーS-706




こちらは業務用ドライヤーとして人気の「S7 / エスセブン」シリーズの最新機種「エスセブン ネオドライヤーS-706」です。

「トルマリン」と呼ばれる鉱石と、「黄土」、そしてセラミックコイルを組み合わせた構造となっているため、半永久的に"マイナスイオン"と"遠赤外線"を発生させることができる珍しいドライヤーです。

しかも、この「トルマリン黄土」から発生する"マイナスイオン"と"遠赤外線"には、頭皮の抗菌、再生力を活性化する働きがあると言われおり、夏の紫外線で弱った頭皮を健康的な状態に戻してくれる効果があります。

頭皮の血行促進やアンチエイジング効果も期待できるので、年齢と共にに衰えてきた頭皮にも効果的です。

毛髪に対しては、トルマリンから発生する大量のマイナスイオンがキューティクルを整え、サラサラな髪へと仕上げてくれます。

業務用ということでそれなりの価格はしますが、耐久性にも非常に優れているので「髪に良いドライヤーをずっと使いたい」という人におすすめとなっています。




夏は紫外線ダメージは秋の抜け毛に繋がる



紫外線対策ドライヤーおすすめ5製品はいかがでしたか?

「秋は抜け毛のシーズン」なんて言われているのは、季節の変わり目だからというだけではなく、夏の紫外線による頭皮のダメージが原因によるものが大きいとされています。

そのため、夏の季節から頭皮や髪のケアを行うことで、秋の抜け毛やダメージ毛を一気に減少させることができるので、早めの対策がおすすめです。

ドライヤーで対策することも効果的ですが、髪や頭皮に良い成分で造られたシャンプーと併用することで、さらなる相乗効果も期待できるので、真剣に紫外線対策を考えている人は是非参考にしてみて下さい。

当サイトでも本当に良い成分だけで造られたシャンプーを紹介しているので、是非参考にしてみてください↓
「本当に髪に良い成分で作られたおすすめシャンプー特集」


最高の美髪を手に入れる  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別ドライヤーおすすめランキング
最高の美髪を手に入れる